どうも、ケイジです!今回はアドセンスアカウント取得のために必要なアドセンス1次審査合格のためのポイントを説明していきたいと思います。実際、アドセンスの審査で一番やっかいな部分がこの1次審査なのでしっかりコツとポイントを把握して一回で合格するようなブログを作りましょう!

アドセンス審査は1次審査さえ合格できれば楽勝

アドセンスの1次審査に合格するブログの作り方メイン

ワードプレスサイトを作ったら次は1次審査のためにブログの内容を作る作業に移っていきます。この作業がアドセンスアカウントを取得する上で一番大変で面倒です・・・。

 

ただ、1次審査さえ合格してしまえばもう既にアドセンスアカウントは取得したも同然です!

 

2016年の夏頃からアドセンスの審査が格段に厳しくなりました。1次審査の内容をよくよく確認してみると、今までそこまで気をつけなくてよかった部分にも大分気を遣う必要がでてきています・・・。

 

では、どこに気をつけていけば実際に1次審査に通るのかという部分を確認していきましょう!

 

 

アドセンス1次審査に合格するブログの基準

  • ブログが独自ドメインであること
  • 各記事の文字数は1000文字以上
  • 総記事数は30記事以上
  • 著作権に配慮した画像などの適度な挿入
  • カテゴリに複数の記事が入っている

 

一応、必須項目と書きましたが何故このような項目が挙げられているのか?という部分の基礎となる部分のお話を先にしたいと思います。この掲げた必須項目を守らない、例えば1000文字いってなくても、記事数が20記事とかでも審査に通る人は通っているんです。

 

じゃあ違いはなんなのか??

 

それは良質なコンテンツであるのかどうか。これが本来Googleが審査の基準にしていることなんですね。

 

結果的にはこの基準に達していなくても良質なコンテンツと判断されればアドセンスアカウントは取得できるということです。このように1000文字以上、30記事以上というのは、良質なコンテンツと判断されるためのある一定の基準だということです。

 

だけどどこまで作りこめば良質なコンテンツなのかというのが一概に分かりにくいため、これからブログを始める人にとっては意味が分からないと思います。

 

なので、とりあえずはこの上記に掲げた基準を意識しながらブログを作成していくことで、良質なコンテンツと判断されやすいブログに近づけると考えられるので、基準を守りながらやっていった方が無難だと思います!

 

 

まとめ

アドセンス1次審査は以前はもっと簡単でした。無料ブログで良かったですし、記事数や文字数ももっと短くて通っていました。結局のところ、昔も今も大まかな基準はあるようですが、良質なコンテンツと判断されればアドセンスの1次審査には通るようですね。

 

ただ、良質なコンテンツというのはページセッションや滞在率など、色々な部分が反映してきますのでまずは本記事に載っている内容の基準でブログを作っていくことをおすすめします!

 

アドセンス1次審査に落ちても何度でも受けることができますが、非常に面倒です。なので、死角なしの状態で審査を受けて1発合格し、2次審査に移行することが結果的に一番ストレスがないと思いますのでしっかり基準を満たしたブログで1次審査に挑みましょう!

 

アドセンス審査に合格する方法まとめ記事一覧はこちら