アドセンス記事を外注する一連の流れメイン

記事の外注化というと敷居が高そうに感じる人も多いのではないでしょうか?僕がはじめて外注化を知った時はなんかレベルが高そうなことをしでかすような気でいました。

 

結論からいうと記事を外注化することは非常に簡単です。後に説明しますが、外注したい、もしくはされたい人を集めているサイトがあるため、そのようなサイトで募集をかければ一瞬で外注先は見つかります

 

そしてその外注さんに記事をお願いして納品された文章をしっかりチェックして自分のアドセンスブログに若干の手直しをして投稿するだけとなります。

 

では詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

アドセンス記事外注の一連の流れ

記事外注代行会社で外注先を探す

記事をどこに出したらいいのかというのは、トラブルも防ぐために記事外注代行会社を利用するのが一番安全で確実な方法です。

 

外注さんを探す会社はけっこうたくさんありますが、僕も愛用している2つの会社をおすすめします。個人的には優良な外注さんはランサーズの方が多いと感じています。

 

記事の外注さんはこのどちらかの会社に登録して探すといいでしょう。

 

下記のリンクでそれぞれの記事代行会社の使い方の説明がありますので、ガイドに従って優良な外注さんを探しましょう!

 

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

 

ライティングからサイト制作まで【Bizseek】

 

 

 

外注さんと打ち合わせする

  • どんな記事をどういう方法で作ってもらうか

 

  • 1記事何文字程度にするか

 

  • 1記事あたり支払う報酬金額はいくらにするか

 

  • 外注の期間はどれくらいか

 

ランサーズなどの記事代行サービスで外注さんが決まった際には、上記項目を重点的に話しあいましょう!

 

記事のジャンルや作り方によっては1記事を作成するのに時間や手間がかかる場合であれば、値段も少し上げてもいいかもしれません。

 

簡単な記事であれば1000文字程度で300円から500円というのは相場ではないのかなと思っています。ちなみに僕は全て300円から500円で記事を外注さんにお願いしております。

 

 

 

納品された記事をコピペチェック

納品された記事は必ずコピペチェックしましょう!

 

外注さんでもたまにあたりが悪いと記事を丸ごとどこかのWEB上からコピペして納品してくる人が残念ながらいます。

 

あと、悪気はなくてもリライトといって他のWEB上にあるものをコピペして少し手直ししただけで納品された記事であればコピペに引っかかる場合もあります。

 

どちらにせよ、コピペとみなされればブログが致命的なペナルティを受けてしまうので絶対にコピペチェックをすることをおすすめします!

 

コピペチェックは年間で維持費もとびきり安く、精度も申し分のないコピペリンというツールを使いましょう!これ以外のツールでは年間で数万円も違ってきますので問答無用でコピペリンが一番いいと思います。

 

コピペリン購入はこちら

 

なお、コピペリンの値段や詳細な使い方に関しては別記事で書いていますので参考にしてください。

 

コピペチェックおすすめはコピペリン!値段や使い方の説明

 

 

 

まとめ

これが記事外注の一連の流れとなります。基本的には、記事代行会社で優良な外注さんを探して打ち合わせ、その後に納品された記事をコピペチェックすることで自分のブログに投稿できる記事が完成するという流れとなります。

 

それぞれ記事代行会社はランサーズ、コピペチェックツールはコピペリンがおすすめなので参考にしてください!