どうも、ケイジです!今回はアドセンスで稼げないと実際にアドセンスブログをやってみて感じている人は、まず現状確認することをおすすめしています。

 

アドセンスは本来最も簡単に稼ぎ出しやすいジャンルであります。収益が発生するまでのスピードも早く難易度も低いため、アドセンスで全然稼げていないようなら何かが大きく間違っている可能性が非常に高いです。

アドセンスで稼げない原因を把握することが先決

アドセンスで稼げない原因を把握する方法と重要性についてメイン

アドセンスで稼げないという人には稼げない大きな原因が必ずあるはずです。ただ、ある程度の軌道に乗っていないだけかもしれません。自分のアドセンスブログの進行状況などと見比べてこのままでいいのかということを知る必要があります。

 

ただ、何を確認すればアドセンスで稼げないかという原因が把握しにくいと思いますので、これから確認するためのポイントや方法を説明していきます。

 

 

アドセンスブログのデータと収益を確認する

アドセンスブログで稼げないと感じた時に見るポイントを確認していきましょう。まず現状が大きく間違っていないか確認するためにも、アクセスに対するアドセンス収益が相応なものかどうかを確認しましょう。

 

ページビュー数×クリック率×クリック単価でアドセンス収益は計算できます。

 

アドセンスのアクセスが1万アクセス程度の収入と将来性についてでアクセスが毎日1万アクセスあるとどれくらいの収益になるのかということを詳しく説明していますが、大体ページビュー(アクセス)が1万、クリック率が1%、アドセンスのクリック単価が25円から30円というように平均的なアドセンスブログを例に出してみます。

 

【ページビュー(10000)×クリック率(1%)×クリック単価(30円)=3000円(アドセンス収益)】

 

アドセンス収益は本来このように計算式で算出することができます。それぞれ具体的に低い場合について例を見てみましょう。

 

 

アドセンスブログで収益に対する影響が出る各項目

原因その①~ページビューが低い場合

例えばこれが、ページビュー1000だとしたらどうなると思いますか?単純に計算するとアドセンス収益は3000円だったものが300円になるわけです。

 

 

原因その②~クリック率が非常に悪い場合

もしくはクリック率が0.1%だとしたら、10分の1しかクリックされていないため、同じくアドセンス収益は3000円から300円になります。

 

 

原因その③~クリック単価が低い場合

クリック単価についてはアドセンスで稼げない要因として大きなものになることは稀です。大体ページビューかクリック率のどちらかに大きな原因があることの方が大半なので、最初の方はあまり気にしなくていいポイントだと思いますが、アドセンス収益が伸びない要因の1つではあることは確かです。

 

 

このようにページビューが足りないのか?それともクリック率が異常に低いのかなどと、どこにアドセンス収益を低くしている要因があるのかをまず把握する必要があるわけです。

 

アドセンス収益を低くしている要因を知ることはサイト解析によってできるので、サイト解析の王道であるアナリティクスを使ってももちろんできるのですが、もっと身近な方法としてアドセンス管理画面からも知ることができます。

 

下記リンクのパフォーマンスレポートの確認とサイト分析という項目でアドセンス管理画面からこれらの情報を知ることができますので確認してみてください。

 

アドセンス管理画面の見方と正しい使い方

 

 

まとめ

アドセンスで稼げない時には何が原因なのかを突き止め、原因を修正していくことでアドセンス収益は上がっていきます。ただ、修正していく以前に原因が分からなければ修正しようがないため、まずは本記事を参考にしてアドセンスで稼げない原因となっているものは何なのかという原因を把握しましょう。