アドセンス記事を外注化するならコピペチェックは必須メイン

どうも、ケイジです!

 

アドセンスの記事を外注化する際の注意点でもあり、絶対にやらなくてはいけないことである、コピペチェックの必要性と具体的な方法を書いていきたいと思います。

 

これをやらなければ、ある日突然ブログがペナルティを受けてせっかく記事の外注を出しているのにも関わらずブログが突然圏外になってしまうことが全然起こりえます。

 

そうなると、ただ無意味に外注さんにお金を払うだけで何のメリットもなくなってしまう恐れがあるため、なぜペナルティを受けてしまうのかを理解し、具体的にコピペチェックとはどうすればいいのかを覚えておきましょう。

 

 

 

外注さんに記事を依頼していたら突然ブログが圏外に・・・

アドセンス記事を外注化するならコピペチェックは必須1

これは実際少なくありません。外注さんに記事を依頼していて、その記事を投稿し続けていただけなのに、ある日突然ブログが圏外になってしまう。

 

ブログが圏外になるとアクセスは限りなく現象し、そのブログの将来性も収益も絶望的な状態になってしまう、いわゆるブログのペナルティです。

 

そもそも、何が悪かったかというと、外注さんに任せた記事が悪かったということです。具体的にはブログを運営していく上で絶対にやってはいけないことである、コピーコンテンツの記事を外注さんから渡されていたことになります。

 

 

 

コピーコンテンツはブログ運営で絶対NG

アドセンス記事を外注化するならコピペチェックは必須2

外注さんに記事を書いてもらっているブログでペナルティを受けてしまう理由のほとんどの原因はコピーコンテンツというものによって起こっています。

 

コピーコンテンツとは一体何かというと、他のサイトに既にある文章を参考に一部コピー、もしくは丸々全文コピーすることによって起こります。

 

そんなのお金を払って外注さんに記事をやってもらっているのだから契約違反だと怒りたくなる気持ちもよく分かりますが、実際のところ、リライトという記事作りの手法があるため一概に悪気があってやっていない場合もあるのです。

 

(完全に他のサイトのコンテンツを丸パクリするような悪意しかない外注さんも実際いることは確かです。)

 

 

 

リライトとは?外注さんによっては全パクリの納品もある

リライトとは、既に他のサイトにあるコンテンツの言い回しや内容を自分なりにアレンジして記事を作成する手法のことをいいまして、記事作成にあたっては世間一般的にネットビジネスをやっていく上では普通のことなのです。

 

外注さんに記事を依頼してペナルティを受けた際に考えられることは2つあり、1つがこのリライトの甘さです。

 

リライトが甘かったためにブログがコピーコンテンツとみなされてペナルティを受けてしまった可能性があります。

 

これはまだ悪気はないから悔しいけど何とか許せそうですが、次に紹介するのは最悪のケースです。

 

初めから悪意しかなくて当然のように他のサイトから丸々コンテンツをコピーして納品してくる外注さん。

 

もしくはほんの一部分だけコンテンツ内容を変えて、ほぼ丸コピー状態で納品してくるタイプの外注さん。

 

こうなると、ほぼ確実に近い将来ブログペナルティを必ず受けてしまうことになります。

 

リライトが甘くてもペナルティを受けるかもしれないのに、丸コピーや一部コピーならペナルティを受けることは言うまでもなく確実にやってくる最悪の未来です。

 

 

 

自分のブログを守るために自分で納品記事をチェックする必要がある

アドセンス記事を外注化するならコピペチェックは必須3

極論的にいえることは最終的にはリライトが甘かったにせよ、全パクリ記事だったにせよ、コピーコンテンツとみなされたら終わりなんです。

 

だからこそ、納品された記事は自分がチェックする必要があります。他人に任せないでコピーコンテンツの恐れがないかというのは全記事自分でチェックするのがブログ運営者として必ずやらなければいけないことです。

 

なぜなら複数コピーコンテンツとみなされた記事があったとして、それに気づかずに時が過ぎていたらある日、突然ブログが圏外に飛んでしまうかもしれないから。

 

それは絶対に避けたいですよね。

 

 

 

コピペチェックはツールを絶対使うべき

コピペチェックの具体的な方法ですが、自力で他のサイトに書いてないかなどという原始的な方法は使いません。

 

方法としてはチェックツール一択です。必ずチェックツールで精査してから自分のブログに上げることが必須となります。

 

僕も長年愛用していて、毎日のように使っているブログチェックツールを紹介したいと思います。このチェックツールはお金は多少ですがかかります。しかし間違いなく高い精度でコピペチェックをしてくれるため、ここでOKが出された記事でコピーコンテンツだとみなされることはほぼ100%ありえません

 

では紹介したいと思います。

 

 

 

コピーコンテンツチェックならコピペリン

コピペリンというものですが、これを使いましょう。

 

この方法で僕は良い外注さん、二度と頼みたくない外注さんを一瞬にして振るいにかけることができますし、このツールのおかげで、これからもコピーコンテンツと判断される記事をブログにアップしていくことは無いと断言できます。

 

コピーコンテンツチェックはコピペリン

 

 

 

まとめ

アドセンス記事を外注する上で絶対にやるべきことは一番にコピペチェックです。外注さんの選定もコツの1つであるのは確かですが、納品された記事に対してのコピペチェックで外注さんの仕事に対する真面目さの選眼は一瞬でできます。

 

何より、自分のブログにコピーコンテンツを投稿してしまうかと思うと恐ろしくて、僕はコピペチェックをしなければ絶対にブログにアップすることはできないくらいです。

 

本記事で紹介したコピペリンは金銭的な使用料も破格な値段の上、高精度なため、このツールさえ使えば間違いないと言い切れます。

 

是非、アドセンス記事を外注する際にはコピペリンでコピペチェックしてからブログにアップするように心がけましょう!

 

なお、コピペリンの料金や使用に関する具体的な説明はこちらに書いていますので参考にしてください。

 

コピペチェックおすすめはコピペリン!値段や使い方の説明