どうも、ケイジです!
本記事はアンカーテキストとは何か?アンカーテキストを最適化した際のSEOの効果と最適化するために気を付けなければいけないポイントについてお話していきたいと思います。

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは?SEOの効果と最適化の方法メイン

 

アンカーテキスト説明画像

アンカーテキストとはリンクを設定したテキストのことをいいます。上記画像で例えるならばWordPressでプラグインを一括でインストールする方法という文面である別記事のリンクのことです。最低でも狙ったキーワードをアンカーテキストに入れるということはするべきでしょう。

ではアンカーテキストを最適化する上での注意点をまとめてご説明します。

 

アンカーテキストを最適化する上での必須項目

狙ったキーワードは必ず入れる

アンカーテキストを設定する上で最も重要なことが、狙ったキーワードを必ず入れるということです。キーワードを含めることによってクローラーがリンク先の記事に対して何について言っているのかを理解しやすくなる。それによってSEO上で効果が上がるということにつながっていきます。

リンク先の内容が分かるようにする

例えば、ネットビジネスで稼げるのか?という内容の記事を書いたとして、それをリンク貼る際にアンカーテキストの考え方でいえばネットビジネスというキーワードのみでアンカーテキストを設定してはいけません。この例でいえばネットビジネスというキーワードに加えて、稼げるというキーワードについても必要になってきます。

さらにこのタイトルは稼げるのか稼げないのかこの短文だけでは不明です。リンク先の内容を短文で理解できて、なおかつネットビジネスと稼げるという2つのキーワードを使うか、そのまま全文入力すべきです。

できるだけ短文で内容まで伝わるものがベスト

キーワードを必ず入れて、できるだけ短文で記事の内容まで伝わるアンカーテキストがベストです。記事によっては記事タイトルがすごく長くなってしまっているものもあるのですが、できることなら簡潔に記事内容が想像しやすくキーワードが含まれているアンカーテキストにすることが一番望ましい形となります。

アンカーテキストの数はたくさんあってもSEO上低評価は受けない

Aという記事があったらそのAはBにもCにも載せておきたい記事だとします。するとBにもCにもリンクを貼ることとなるのですが、その際に全く同じアンカーテキストでも問題ありません。明らかに不自然に何百個も同じアンカーテキストでリンクが貼ってあるのであればSEO的に低評価を受ける可能性は十分ありえますが、一般的な感覚で同じアンカーテキストで複数リンクを貼っていくことに関しては全く問題はないのです。

 

アンカーテキストの最適化は必ずやるべき

もし既に記事をいくつも書いていて、「記事はこちら」などのようにキーワードが含まれていないアンカーテキストがあるならば、それらは全て修正していくべきです。少し面倒かもしれませんが、数が増えれば増えるほどSEO的には大きく関わってくる問題です。

もし、今までこのようにアンカーテキストを設定しているのであれば時間を取って修正していく必要がありますので早めに修正してください。ちなみに修正したり、しっかりとアンカーテキストを設定したからといってSEO上で抜群の評価があるわけではありません。

しないよりはSEO上有利になるという考えでアンカーテキストを設定していきましょう。

 

まとめ

アンカーテキストは内的SEOに関していえば、自分で気をつけられるし簡単にできる部分なのでしっかり設定していきましょう。コツとしてはやはりキーワードは必ず入れること。アンカーテキストが若干長くなったとしても、キーワードを入れることだけは守るようにしていくべきです。

できることならば、キーワードを含めたアンカーテキストを簡潔に記事内容が分かりやすい短文に極力していくという考え方がアンカーテキストを設定する上では重要なことといえるでしょう。