どうも、ケイジです!
コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
コンテンツマーケティングとは一体何か?コンテンツマーケティングをネットビジネスで活用していくことはメリットだらけだと僕が力説する理由について、消費者の思考や行動パターンの分析に基づいてお話していきたいと思います。

そもそもコンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングが集客に最強である理由メイン

コンテンツマーケティングの先駆者ともいえるアメリカのジョー・ピュリッジ氏の言葉を聞けば、おおよそコンテンツマーケティングとはどのようなことを指すのか納得できるかと思いますので要約してご紹介します。

「顧客は自分自身の欲求やニーズ以外に興味はない。その興味を引くための手段が最高のコンテンツであり、それらを提供し利益を発生させようとすることがコンテンツマーケティングだ。」

と、簡単にいうとこのように言っています。
コンテンツマーケティングの大前提としてはコンテンツを提供することですが、何故コンテンツを提供することに意味があるのかという理由については、面白かったり役に立ったりと、ニーズを満たせるコンテンツを提供することで継続的に利益を発生させることができるからなのです。

ではコンテンツマーケティングをネットビジネスに取り入れることのメリットは、人が何かを購入もしくは契約するまでの特徴についての思考や行動パターンを知れば当然やるべきことだということが分かっていただけると思いますので、まずはどのように考え人は何かを手に入れるか?という点について説明していきます。

 

多くの人がネットで情報を集めるからコンテンツマーケティングが効率的

コンテンツマーケティングがおすすめだという理由には、近年急速に活発化していて誰もが当たり前に使っているスマホやPCを使って何かを購入することが多くなっているということがかなり大きいです。ポイントとしてはスマホやPCを使って何かを購入するということよりも、ネット上から情報を調べるというのが物凄く多いということです。

ネット上から情報を集めるということは、あなたがネット上で自分のサイトで優良なコンテンツを配信していればそれ程顧客獲得のチャンスがあるということです。そしてそれは継続的な大量集客になっていくのです。だからこそネットビジネスを真剣にやっていくならコンテンツマーケティングは無視できない大切な能力の1つといえます。

では、人が何かを欲して情報を集めようとする心理をもう少し詳しく説明していきます。

 

人は買い物の前には情報をより多く集める傾向にある

車や家など、値段が大きければ大きいほど、人はその物事に関係する有益な情報をできるだけたくさん探し求めています。そして今はネット社会なのでかなりの情報量を集める傾向にありますし、ネットで調べるという行為自体が一番身近なわけです。

さらに人は強く求めている場合やその金額が高価な場合は、そうじゃない場合よりもさらにたくさん情報を多く集めようとするのです。たくさんの情報を得ていてなおかつ真剣な人に何かを販売するということは容易いものではないため、コンテンツによる集客や説得力が必要なのです。

 

誰しもが自分のニーズにはかなりシビアである

先程もジョー・ピュリッジ氏の言葉でありましたが、自分自身のことや自分のニーズ以外にほとんどの場合、はっきり言って皆さん興味がないんです。ましてや、誰が書いたかも分からないし誰が書いていたとしても芸能人とかでない限り気にもとめない。

ですが、共通して言えることとしては調べるからには情報であったり、答えであったりやはり何かを求めていることは間違いありません。そしてそれは今後も継続的に求め続ける可能性が非常に高いということです。

そんな中で何をもってしてあなたのサイト内の情報を選ぶのでしょうか?
ここを考えると答えは明らかで、あなたのサイト内の情報が為になったり面白かったりするからということなんですね。これがいわゆるニーズに応えるということです。

検索エンジンで情報を探そうと思えば大量にコンテンツが出てきます。その中でも検索結果の中から一番気に入ったコンテンツが詰まったサイトであったり上位表示されているサイトを多くの人は何度も見ることになります。そこであなたのサイトのコンテンツの内容が薄ければ上位表示の可能性も低くなり、気に入ってもらえる可能性もグンと下がるということです。

 

自分にとって有益なものが多ければファンになる

良質なコンテンツを提供することで何度も訪問してくれます。そして良質なコンテンツはSEO的にも当然圧倒的に有利なので検索エンジン上で上位表示できる可能性が高いです。検索エンジンの上位にあなたが作った良質なコンテンツが表示されていると新規の訪問者も新たに掴むことができますし、何度も来ている人もまた訪問してくれるのです。

その繰り返しがいずれファンになってくれるという現象が起こります。その昔、火事が発生してもお金よりも何よりも顧客名簿だけは持っていけという習慣があったそうです。自分の顧客というのはそれ程価値があり、継続的な収益を得られるからなんです。

例えば服を買うときにこのブランドのTシャツがすごくかっこいいと感じたとします。インパクトの度合いにもよりますが、次からTシャツを購入する時はそのブランドのことを真っ先に思い出し、お客さんが自ら調べてくれるのです。これもいわゆるファンになるという現象が巻き起こした行動の結果です。

そのブランドのTシャツはその人に継続的に販売できるというスタイルが構築されたのです。つまりお客さんが気に入ってファンになったからこそ顧客になっているのです。

だからこそ顧客になってもらうにはファンになってもらうということが究極の近道ということです。ネットビジネスでも実店舗でも要は同じで、無理やり売るのではなく、お客さんが求めるからこそ提供するというスタイルが一番安定的で理想です。
良質なコンテンツを提供し続けるといずれファンができて継続的な収益に繋がっていくのです。

 

まとめ

コンテンツマーケティングとは購入するまでの段階で興味を引くためのコンテンツを提供していくことです。今はほとんどの社会人や中学生あたりでもけっこう持っているのが当たり前なスマホをはじめ、PCも昔よりずっと使われていますよね。かなりの割合の人がネット上から何かを購入したり情報を集めている時代ということです。

そしてネット上にはたくさんの情報が溢れています。ある程度答えも似てしまうジャンルだらけでもあったりもします。でも多くの人はネット上から情報を集めようとするのです。だからこそ他のサイトより多くの為になる情報を発信することで差別化できます。するとあなたのファンになってくれるしあなたのサイトに何度も訪れてくれるのです。

ファンになってくれたり何度も訪れてくれるとそれ程顧客を掴みやすい。そしてなんといってもコンテンツマーケティングは良質なコンテンツ提供がSEOの観点からもかなり有利となります。

結局、薄い内容であればたまたま訪れた人もあまり注目してくれませんし、検索エンジン上で上位表示が厳しいということに繋がりますので基本的にコンテンツは労力と時間がかかっても全力で発信していくことをおすすめしています。