どうも、ケイジです!今回は過去にあった僕の体験談をお話したいと思います。アフィリエイトって怪しいとか難しいって気持ちを多くの人が持っているっているのは、ネットビジネスをやっているから尚更のこといつも感じております。

 

まずは、ネットビジネスをやるかやらないか。それ以前に怪しいって思う気持ちの大元にあるのが、自分自身がその情報を信用できるかどうかというのが行動する上での大きな鍵となるんですね。

 

やっぱりどこから収益が入ってくるのかというのが分かりやすくて、しかもそこが誰しもが知っている大手企業だとなると一気に心をオープンにする傾向が強いという実体験に基づいた経験談から信用が得れた時のお話をしたいと思います。

Googleから広告収入を得たけど周りの反応が悪かった

Googleからの広告収入と説明して信用が得れた経験から学んだことメイン

僕がネットビジネスで現在でも稼げるのは、このGoogleアドセンスがあったからです。これがきっかけで今もその収入やノウハウは僕の人生で大きな力になっています。

 

実は僕には奥さんもいまして夫婦揃って現在もネットビジネスをしている状況なんですね。僕の妻はけっこう珍しいタイプでして、普通そういうことには消極的な考えの人が多いと思います。

 

特にお金関係の問題についてはシビアな家庭が多いかと思うのですが、僕の妻は「やってみよう!」と速攻で返答してくれるくらいネットビジネスを始める前から理解がありました。

 

多分、ネットビジネスのことはいまいちよくわからなかったけど、僕に協力したいとかそういう気持ちでいてくれたんだと思います。

 

それで色々調べた結果、ネットビジネスとして難易度も敷居も低いアドセンスというものから始めたわけなんですが、夫婦2人で頑張ってみたら半年後には自分の月収を軽く超えていました

 

友達や親なんかもいるわけじゃないですか。

 

僕の妻はお金に関することを知り合いに言うのが嫌だったみたいですが、僕はネットビジネス自体に魅力を感じて感動すらしていたわけで、自慢じゃないですが、こんなことをしてるんだよってことを話したわけです。

 

僕の予想としてはがっつり食いついてくるかと思ったんですよね。きっと逆の立場なら僕は興味が沸いたと思ったからです。現に興味があったからネットビジネスを始めたわけなんですが(^_^;)

 

そしたらすごく以外な展開が待っていて・・・・

 

 

なんか反応が薄いんですよね。笑

 

 

あれ?って感じでした。笑

 

その時、僕は「ネットビジネスで稼ぐことができた」、「広告収入で月収を越えた」という感じで話してたわけです。もちろん、副収入を得る魅力についても話しましたが、恐らく力不足だったのでしょう。笑

 

仲の良い友達やら兄などに話ましたが、予想をはるかに裏切る程ほとんどの皆の反応が薄かったです。まぁ、興味が出てきて一緒にやれたらきっと今より面白いだろうと思ったし、かなりいい話だと思ったので話したのですがかなり意外でした。

 

家で妻に「皆興味ないもんなんだね」って話をすると、妻が「どこから収入がくるかも分からないものだから現実味もないし不信感が先にくるのは普通の反応じゃない?」と言われてピンときました。

 

そこで僕は確かにと思って、次に話す時はある言葉を付け加えて話そうと決めたのです。

 

 

Googleからの広告収入だと伝えてみた

やっぱり、妻の言っていることと僕の予想は完全に当たっていて、僕は居酒屋で友達に「Googleからの広告収入がある」と話してみたのです。

 

そしたら今まで反応が薄かったはずが完全に目がキラキラしている人多数。笑

 

考えが固くでドケチな僕の兄も一気に見方が変わったようで、兄夫妻に後日かなり長時間の説明をすることにも発展しました。笑

 

そこですごく勉強になったというか気がついた部分がありまして、確実に「Googleからの」という部分が大きな信用を得るキーワードだったんだと思います。

 

僕という人間は信用してくれている間柄の人達ばかりなんで、僕自身への疑いは元々無かったはずですが、やはり現実味が湧いてこなかったのでしょう。

 

それよりも先に不安や恐怖心の方がきてしまってシャットアウトしてしまったということです。

 

Googleというキーワードをいれて説明するだけでこんなにも信用するんだなというのが正直な感覚でした。

 

 

 

興味を持ってもらうには実績やキーワードが重要だと確信

身内の中で勉強させて頂きましたが、実際人はこんなにも自分のテリトリー外のことについては臆病なんだと思ったのです。

 

副収入を稼ぐ魅力など、僕の言っていることは十分理解できるといった感覚でした。

 

ただ、そこから行動に繋げようとする気持ちが芽生えないということは、それは行動に繋がる程信用できる要素が無かったからなんだなと気づいたということです。

 

つまりは、理想がある人なら安心できさえすれば行動に繋がる人が実はたくさんいるということ。そのためにも興味が起きる実績や行動に繋がるために納得できるキーワードで伝えていくことが重要なんだと思ったわけです。

 

まとめ

恐怖心が先にくるのが人間です。人は不安な要素に自分で納得できなければ行動しないということです。頭ごなしにその恐怖を取り除いて成功を掴め!!・・・なんていってもそれは無理な話なんですね。

 

だからこそ、こっちがその恐怖心をどうやったら取り除けるか?どうやったら自分から行動していきたいという気持ちが生ませることができるのか?っていうことを考えて説明や話をしていくべきなんだと思ったという過去の体験談でした。

 

ちなみに「Googleからの」というキーワードを入れて説明後に初めて目がキラキラした僕の友達の1人は、その後ネットビジネスを始めたのですが、かなり前から安定した収入があり、先月も1つのアドセンスサイトだけで月収50万稼ぐアフィリエイターとして現在も元気に活動中であったりします。笑

 

やってしまえば結局できちゃうんだけど、どうしても不安で最初の1歩が踏み出せない。少しでもそんな最初の1歩を踏み出しやすくしてあげることが僕の仕事なんだなと思わせてくれた貴重な経験でした。