どうも、ケイジです!

賢威7テンプレートを使用してアドセンスをバランスよく、記事上部、記事中央、記事下部に配置する方法を説明しています。賢威7のテーマ編集から記事内にアドセンスを配置する方法と、記事内のリンクで任意の箇所にプラグインを使ってアドセンス広告を配置する方法を説明していきます。

アドセンスは記事内に貼る方がクリック率向上が期待できる

賢威7でアドセンスを記事内へ貼る方法メイン

アドセンスはクリックされると収益が発生する仕組みなので、当然クリックされやすい位置に配置することがおすすめと言えます。

 

ではクリックされやすい配置というのはどこか?ということなんですが、やはり一番クリック率が高いと配置というのは記事内ということで間違いないでしょう。

 

理由は2つあり、1つ目はパソコンで見ているのか、スマートフォンで見ているのかという差、2つ目は記事の中身を読んでいくということから記事内にアドセンス広告は貼るべきといえます。

 

 

記事内にアドセンスを貼った方がいい理由その1

スマートフォンでみられている場合も多い

賢威7はレスポンシブ対応しているためサイドバーなどにアドセンス広告を貼ったとしても、スマートフォンなどで見たときに画面上にはメインコンテンツ(記事の中身)が全画面で表示されるような作りになっています。

 

つまり、サイドバーなどに貼ってもアドセンス広告自体がスマートフォン上で見られないということになるのです。そうなると見られてもいないのでクリックされることもないですね。

 

自分のブログ内のスマートフォン需要が7割以上なんてことも実はよくある話で、僕もそういうアドセンスブログを持っています。そのようなサイトは当然、記事内にアドセンスを貼っていますが、もしサイドバーに貼ったらどうなるのか?

 

そもそもみられていないためクリック率は格段に下がり、収益は急降下するため記事内に貼るべきといえます。

 

 

記事内にアドセンスを貼った方がいい理由その2

訪問者は記事の中身に興味がある

2つ目の理由そして多くのサイト訪問者は何かキーワードで直接記事内にくることが多いため、ブログのどこを見ていくのかということについては、ずばり記事の中身をじっくり見る可能性が高いです。

 

じっくり見ている記事内にアドセンス広告が現れて、丁度自分が探していた内容のアドセンス広告だったら?

 

クリックしてしまっても不思議なことではないでしょう(^O^)

 

特に目線が集中しているところにアドセンス広告を配置することでアドセンスを自然と見ることとなるため、目線が最も集中する記事内に貼っていくことはクリック率を非常に高めてくれるのです。

 

では賢威7を使って記事内にアドセンスを貼る方法を説明していきたいと思います。

 

 

賢威7でアドセンスを貼る方法

ブログの上部、中央、下部にアドセンスを貼る配置はとても目線が行きやすく有効的です。スマートフォンで見た際にもこの方法であればしっかりアドセンス広告が表示されるので万能な貼り方といえます。

 

賢威7では実際にテーマ編集からアドセンスを貼る方法と、プラグインを使って貼る2種類の方法があります。それぞれ効果的な方法を説明していきますので記事の上部、中央、下部にアドセンスを貼っていきましょう!

 

賢威7で記事上部にアドセンスを貼る方法

賢威7でアドセンスを記事内へ貼る方法(記事上、中央、記事下)2

ダッシュボード→外観→テーマの編集→個別投稿(single.php)を開きます。

 

single.php内に入り</header>と<div class=”article-body”>を探してください。上記画像のようにその間にスポンサーリンクという表記とアドセンスコードを貼り付けます。

 

アドセンスを貼り付けるルールとして、必ずアドセンスの前には『スポンサーリンク』と表記しましょう。そしてパソコンで見てもスマートフォンでみても中央にくるようにセンタリングすることをおすすめします。

 

中央揃えタグ付きソース

<div Align="center">スポンサーリンク</div>

<div Align="center">アドセンスコード</div>

※こちらを貼り付けてアドセンスコードの部分だけ自分のアドセンスコードにすると中央揃いになります。

 

賢威7でアドセンスを記事上部に貼り付けた例

賢威7でアドセンスを記事内へ貼る方法(記事上、中央、記事下)1

 

 

賢威7で記事中央部分(任意の箇所)にアドセンスを貼る方法

記事中央部分にアドセンスを配置するには記事上部のようにテーマ編集で配置する方法ではなく、プラグインを使うべきです。AdSense Managerというプラグインを使うことで簡単にアドセンスを任意の箇所に配置できるのでおすすめです。

 

こちらにAdSense Managerというプラグインを使って記事中央部分(任意の箇所)にアドセンスを配置する方法を別記事で説明していますので読んでみてください。

 

アドセンスを記事内へ貼る簡単な方法はプラグインを使うこと

 

 

賢威7で記事下部にアドセンスを貼る方法

賢威7でアドセンスを記事内へ貼る方法(記事上、中央、記事下)3

 

記事下部にアドセンスを貼る場合も同じく、ダッシュボード→外観→テーマの編集→個別投稿(single.php)を開きます。

 

single.php内で</div><!–article-body–>を探してください。上記画像のようにそのすぐ上にスポンサーリンクという表記とアドセンスコードを貼り付けます。

 

記事上部に貼ったように同じく『スポンサーリンク』と表記しましょう。そしてパソコンで見てもスマートフォンでみても中央にくるようにセンタリングした方が見栄えがいいかと思います。

 

中央揃えタグ付きソース

<div Align="center">スポンサーリンク</div>

<div Align="center">アドセンスコード</div> <div class="article-body">

※こちらを貼り付けてアドセンスコードの部分だけ自分のアドセンスコードにすると中央揃いになります。

 

賢威7でアドセンスを記事下部に貼り付けた例

賢威7でアドセンスを記事内へ貼る方法(記事上、中央、記事下)4

 

これが記事下部にアドセンス広告を配置するやり方ですが、上記画像から分かるように関連記事の下部にアドセンス広告が配置されています。

 

バランスだけみるととても見栄えがよく見えるのですが、このアドセンスの配置では十分なクリック率を引き出せないと僕は感じています。

 

それはサイトの本当に下部まで訪問者が見てくれるとは限らないからです。

 

本当にクリック率を望むなら最低でも関連記事の上、もっというならば最後のまとめ付近や、まとめ項目がないブログであれば、コンテンツの下部ギリギリに配置した方がクリック率はさらに上がると経験上感じています。

 

それらを考えた際に記事の上部以外の中央部分と下部のアドセンス配置については、少し面倒にも思えますが記事作成の段階で毎回配置していくことが最もアドセンスのクリック率を伸ばす方法だと思います。

 

HTMLソース上でのアドセンス配置について説明するために下部のアドセンス配置方法についても説明しましたが、記事中央同様、できることなら記事上部だけは本記事の方法でアドセンスを配置し、中央と下部のアドセンスについてはプラグインを使い任意の箇所にアドセンスを配置していくべきだと思います。

 

参考記事をこちらに記載しておきますので、記事中央と下部にアドセンスを配置するならばこちらの記事から任意の箇所に貼り付けて、さらに高いクリック率向上を目指しましょう!

 

アドセンスを記事内に貼る簡単な方法はプラグインを使うこと

 

 

まとめ

賢威7のテーマ編集からアドセンス広告を記事の上部と下部に配置する方法を説明しました。記事上部に関してはテーマ編集からの方法で問題なく効果的な配置かと思いますが、記事下部についてはテーマ編集から行うとアドセンスの配置は思ったより下部に配置されてしまうという人もいると思います。

 

そんな時は記事内でも別記事で説明しているAdSense Managerプラグインを使うことをおすすめします。各箇所に配置したアドセンスのクリック率が少しでも向上されるような配置でアドセンスを配置していきましょう!