どうも、ケイジです!
今回はブログ(記事)の書き方のコツとポイントについて書いていきたいと思います。ブログ(記事)を書いていく際にSEOの観点からと、ファンになってもらえるような人目線で気をつけたいことを説明していきたいと思います。

ブログ(記事)の書き方はSEOの基本に沿って素直な気持ちで書く

ブログ(記事)の書き方のコツとポイント

ブログ(記事)の書き方のコツとポイントですが、まずはSEOの観点から抑える部分は抑えましょう。SEOを意識しながらブログ(記事)の構成を作り、中身は自分が思った事や感じたことを素直に書いていくというのが一番理想のブログ(記事)の形だと思います。

正直、時に「知ったか」もしなければいけない(自信がない記事は魅力がないため)こともあるでしょうが、その事柄について真剣に考えた結果、自分の意見が本当にそう感じたなら率直に書いていくほうがいずれファンを増やしていくことにつながっていきます。

では詳細なブログ(記事)の書き方のコツと気をつけるポイントを説明していきたいと思います。

 

ブログ(記事)の書き方のコツとポイント

ブログ記事タイトルには狙うキーワードを必ず入れる

まずは冒頭のブログ記事タイトルですが、こちらには必ず狙ったキーワードは入れるようにしましょう。SEOの観点からも人目線のどちらの観点からもかなりの重要事項と言い切れます。
基本的にブログ記事タイトルに狙ったキーワードを入れないということはありえないと思っていいです。

ブログ(記事)の文字数

記事の文字数については特に決まりはないのですが、短すぎるのはNGです。アドセンスの審査でも言われているように最低700文字程度無いと審査に通りにくいというのは、結局短すぎるブログ(記事)では良質な記事は生み出せないとグーグル側が認識していると思っていいでしょう。

長すぎてまとまりがない文章についてはあまりおすすめできませんが、短いよりはよっぽどいいです。でも1記事に5000文字とか使っていたらブログ(記事)をたくさん作ることが困難=SEOに弱くなるため1500文字から2500文字程度の文字数を目指してみるのがいいと思います。

見出しタグをしっかり使い、順番を守る

h3タグやh4タグなど見出しは極力使う記事構成にしましょう。ある一定のルールがあったほうが人はブログを読みやすいのです。そして順番を守るというのは1つの話で小見出しをh4タグにした時などは、その小見出しの内容が終わるまで続く見出しはh4タグ以下にしましょう。ここで突然h3タグなどをつけるのはかなり違和感がありますし、SEO的にも非常に良くないのです。

見出しタグには出来ることなら狙ったキーワードを入れる

ブログ記事タイトルもそうですが、見出しタグにも狙ったキーワードを盛り込むことはSEO的に非常に効果的です。ですがここが難しいところなのですが、全見出しで狙ったキーワードを入れるとかなり見た目に違和感を感じます。

だから出来ることならという表現にしているのですが、見出しにも狙ったキーワードを入れるのは効果的だということを頭にとどめておいてバランスよくキーワードを使っていくスタイルがいいでしょう。

ブログ(記事)構成は一定のルールに従って統一する

これはファンが集まる、リピートされるという点で非常に重要なことで、僕たちは形が違う構成のものを読むことは非常にストレスがかかっていて読みにくいと感じるのです。ある一定のルールを自分で決めて、ある程度記事内容を統一させているのであれば、見る側にとっては次にサイトを訪問した際にかなり楽に頭に入りやすいんですね。

つまり分かりやすいということなので、その人はまたサイトを訪れてくれることとなります。そして、新規リピーターを取得した際に2回目、3回目と訪問してくれることとなっていくのです。

画像は必ず使う

記事内に画像は必ず入れましょう。複数枚なかったとしても1枚印象に残ったり、何のことについて書いてある記事なのかを画像から想像できるならば、人は読み進めますし楽しいのです。

1記事にテーマを詰め込みすぎない

SEOを意識するあまりたくさんのキーワードを選定したくなる気持ちはよくわかりますが、基本的に昔から記事については1記事1テーマを基本とした方がより、読まれますしSEO的にも効果テキメンです。
付随するテーマがあるならば文字数と比較し、記事を分けてしまうという方法で対応しましょう。

リライトしてもオリジナリティ目指す

自分が得意でないことはもうリライト(他のサイトの内容を自分なりの言葉で真似すること)するしかありません。どんなにプロでも全てに精通している人なんていないので、リライトは当たり前の手法です。全然後ろめたさを感じることはないのですが、注意点としてはリライトしても自分の言葉で書くということですね。
真似してるんだけど構成や口調はオリジナリティを目指してください。

目線は常にフラット

ブログ(記事)の書き方でかっこよくしたいという気持ちはわかりますが、上からや下からすぎる記事の作り方はあまりおすすめできません。これは共感を得にくいからなんですね。ファンができやすいブログやサイトって自然体なスタイルのものが実は非常に多いのです。自然体に目線はフラットにブログ(記事)を書いていくことをおすすめします。

 

結論や自分が感じていることは必ず書いていく

結論に関しては冒頭にもってくるパターンと最後の方に持ってくるパターンがありますが、僕はそこそこ最初の方がいいかと思います。かなりくどく説明してから最後に結論を持ってくるスタイルのデメリットは結論に辿り着くまでに離脱してしまう可能性が非常に高いからです。

それならば結論を最初の方に持ってきて、何故その結論なのかという部分を以下に詳細に書いていくことが最も読み進められる形だと僕は思っています。

体験談でも不確かなことでも自分が感じたことはしっかりと書いていくことが結局読まれるブログになりますし、一番ファンが増えます。日常生活でも意見を持っていない人や結論を出せない人より、結論を出したり自分が思っていることを言える人の方がよっぽど魅力的に見えるのと同じですね。

 

まとめ

  • ブログ記事タイトルにはキーワードを必ず1つ入れる
  • 内容はリライトしてもオリジナリティ
  • ブログ文字数は最低1500文字以上で基本、テーマは1つに絞る
  • 見出しタグの順番を守り、自分なりの構成で一定のルールでブログを書く
  • 画像は1つは必ず使い、アイキャッチも必ず設定する
  • 上からや下から目線になりすぎず、自分の率直な感想を発信していくことを忘れない

まとめでしたが、気をつける部分が意外にもそこそこありますね。ブログ作りに慣れてしまえば当たり前のようにできるので、最初の方は1つずつ当記事で話している内容をクリアできているかどうかをチェックしながら作っていくといいでしょう。