どうも、ケイジです!
コンテンツマーケティングの中で共感を得ることは非常に重要です。なぜなら共感を得ることによって人は興味を持ち、好きになり、信頼できるようになるからです。では、どのようなコンテンツが共感を得るコンテンツなのかという点について説明していきます。

好かれたり共感を得るコンテンツは感情に訴えかけるもの

共感を得るコンテンツで信頼を獲得するメイン

人が行動を起こす時の多い理由としては感情に大きく訴えかけられたものが非常に多いです。ファンになってもらうために感情に訴えかけるコンテンツを発信していくことはコンテンツマーケティングの観点からもすごく効果的です。では実際にはどんなコンテンツが感情に訴えかけることができるコンテンツのジャンルなのかという部分を説明していきます。

 

感情に訴えかけるコンテンツ

仕事への熱い想い

仕事に対する熱い想いの発信は心境や境遇が似ている人の感情を揺さぶったり、応援したいと思ってもらえる可能性があります。ここに実績がある場合はなお、説得力が増して人々の心に直接届きやすいコンテンツとなります。どうしてこの仕事をしているのか?何を目標としているのか?こんな想いや経験があったからこそこの事業を始め現在はこうなっている。

このような想いが誰かの心に届けばそのコンテンツをキッカケとして他のコンテンツを見たりメルマガに登録してくれたりするのです。そして他のコンテンツでも想いが届けば好きになってファンになってもらうことに繋がっていきやすいのです。

 

仕事へのこだわり

発信している事業へのこだわりや考え方を発信することで共感を得ることもできます。この人はこんな事に気を使って仕事をしているのかと思ってもらうこともあるでしょうし、仕事に対して誠実な人だと思ってもらえることで信頼感を得ることができる可能性があります。

人それぞれ感性は違うので朝ぴったり7時に起きて仕事をするのが日常といった規則正しさに惹かれる人もいれば、一緒に飲んで話をするのがポリシーという人間味あふれる部分に惹かれる人も必ずいるはずです。ここは偽らないで仕事に対してどう取り組んでいるのか、考えているのかを率直に書いていけば共感してくれる人は必ずいるはずです。

 

趣味やプライベート

自分の好きなことややっていること、日常の生活を発信していくことは実はすごく効果があります。人間味があった方が親近感が沸くものですし、自分とビジネスで関係性を持つならば相手のことを知ることは安心できたりします。もしかしたら趣味の部分で何か共感できるものがあるかもしれません。

例えば僕であれば2人程子供がいます。まだ小さい子供なので作業もままならない時もあるのですが、そういう悩みを持っている人の気持ちをきっと僕は他の人よりも分かってあげられますし、この大変さを経験したことがない人よりも遥かに具体的なアドバイスができると思います。

趣味やプライベートから悩み解決の糸口が見えることだってあるということですね。

 

強さと弱さを明らかにする

共感を得ることは信頼を得ることと似ています。信頼から共感が生まれる場合もあるのです。ビジネス上で得意な部分と不得意な部分は明らかにするべきです。人は苦手な部分を教えてもらえていた方が逆に信頼感が増すものです。そして誰にでも不得意なことはありますので、そこが苦手な部分であったとしてもフォローや対策をしっかりしていれば全然問題ありません。

 

まとめ

感情に訴えるコンテンツは色々な形で相手に届きます。そして受け取る側もそれぞれ色々な受け取り方をするでしょう。プライベートのコンテンツから共感を得ることもあるでしょうし、仕事に対する考え方ややり方から共感を得ることだってあります。

結局のところ、どうやってどれくらいの人に届くのかというのは予想すら難しいということです。もしもあなたが見る側だったらどんなコンテンツに心を打たれるか?この部分を考えてコンテンツを作っていけばいいのではないかと思います。

個人的には僕はどうしても伝えたいことは確実に伝えるべきだと思っていますし、共感を得るにはコンテンツという枠から外れて、目の前にいる人にどうしたら自分の人間性を伝えることができるのか、という所を文字だったり音声だったりメールだったりして伝えていこうと努力することが一番重要なことなのではないかという結論にたどり着きます。