どうも、ケイジです!
本記事では内部SEO対策の1つとして目的のページにどのくらいのクリック回数でたどり着けるのか?という点についてのSEO効果と対策についてお話していきたいと思います。さらにどうしたら少ないページ階層構造を作ることができるのかというブログ作りのコツについてもあわせて説明していきます。

少ないクリックで目的のページにたどり着く内部SEO効果

ページ階層構造は出来るだけシンプルにするメイン

基本的にはトップページから3回、少なくできるならば2回までで全てのページに辿り着くようにコンテンツのページ階層構造を整えましょう。ページ階層構造は複雑であればある程、SEO効果は薄れてしまいます

ブログの作り方に関してはコンテンツはもちろん多くていいのですが、ページ階層を少なく調整しておいて、訪問した人が少ないクリック回数で目的のページに辿りつけるような作り方を意識しましょう。

理想のページ階層構造について説明した後で少ないページ階層構造のブログを作るおすすめの方法を説明します。ブログは細かいコンテンツごとに考えていてはごちゃごちゃになってしまいます。そうなると自分でも整理しにくいため、ページ階層構造をシンプルにすることは以外に難しかったりします。

 

SEO的におすすめのページ階層構造図

ページ階層構造を出来るだけシンプルに表

上記画像のようにトップページがあってその下に各カテゴリがあり、さらにカテゴリ内に詳細の記事がいくつも存在するという形が理想となります。この形式であればどれだけカテゴリが増えたとしても2クリック以内にトップページから全てのページに移動することが可能です。

もちろんこの形に加えてカテゴリ同士を繋げる工夫や詳細な記事からカテゴリに繋げる工夫も必要になってきますが、基本的な形式は上記画像のような形を意識してブログを作りこんでいけば、それ程多くないクリック数で各ページに移動するブログを作ることが可能となるでしょう。

 

綺麗なページ階層構造を作るコツ

カテゴリごとに初めにコンテンツ計画を立ててしまう

  1. どんなカテゴリを作るか?
  2. カテゴリ内にはどのようなコンテンツを作るか?
  3. カテゴリ内のコンテンツ同士をどのように繋げるか?

この3点をコンテンツを作り始める前に計画することが綺麗なページ階層構造を作るコツです。カテゴリごとに計画を立てて、詳細なコンテンツを作っていけばおのずと上記画像のような形が出来上がると思います。まとまりがないのは最初にカテゴリごとに計画を立てないからという原因が非常に多いのではないでしょうか?

これは頭で考えるのは難しいのでノートなどに箇条書きなどにして計画していった後で、その計画に沿ってコンテンツを作成していくことが僕は一番うまくいく方法だと思って実践している方法なのでおすすめです。

 

カテゴリごとにたくさん記事がある方がSEO効果が高い

カテゴリごとにコンテンツ計画をたてることをおすすめしましたが、実は理由はもう1つあってカテゴリごとにたくさんコンテンツがある方が、そのカテゴリのキーワードはSEO的に強くなります。それはキーワード出現頻度が多くなることや内部リンクなど様々な要因から成り立っています。ページ階層構造も綺麗にできてカテゴリのキーワードでSEO的に強くなるなら一石二鳥なんで、カテゴリごとにたくさんコンテンツを作っていくことの意義はページ階層構造以外の視点でも十分にありますね。

 

まとめ

少ないクリック回数で目的のページに誘導することでユーザビリティを上げることが、結局のところGoogleもクロールしやすくなるためSEO的にも強くなるということです。そしてそのおすすめの方法としてはコンテンツをカテゴリごとにまとめていく意識であり、コンテンツを作る前にどんなカテゴリを作り、そのカテゴリ内のコンテンツはどのようなものにしていくのか?という計画を事前に立てていくということが僕がおすすめするページ階層構造をシンプルに作り上げる方法です。