どうも、ケイジです!
今回は、ネットビジネスの失敗率と成功率についてお話したいと思います。
ネットビジネスを始めた人、やっている人の中での失敗率とはどれくらいなのか?
失敗率とあわせて成功している人、いわゆる成功率ってどれくらいなのかをお話します。
さらに成功率と失敗率を知る理由や意味、自分が成功する確率の関係性について
お話していきたいと思います。

ネットビジネスの成功率は全体の5%の人だと言われているが

ネットビジネスの成功率や失敗率と自分の成功確率の関係性について

実はネットビジネスをやっている全体の割合の95%は月に5000円以上を稼げていない
と言われています。つまり月に5000円以上稼げる人は5%しかいないってことです。
そもそもがこの数字、どこにも信憑性なんてありません。
どこからきた話なのかも全く分かりませんが、ネットビジネス業界では有名な言葉です。

実際、ネットビジネスを全くやった事がない僕は1週間で5000円を稼ぐ事ができました。
何もいろはが分からなかった素人の僕がですよ?
実際、僕には特別な知識や技術なんて全くありません。

そんな僕でも1週間で5%に入れたなら稼げない人が95%もいるのが全く信用できません。
つまり、この数字はあまり信じない方がいいのではないかと思っています。
ですが、せっかく成功率や失敗率の話をしているためもう少し考えてみたいと思います。

 

失敗率の95%のうち、どれくらいの人が真剣にやっているのか

ネットビジネス人口の100%のどれくらいの人が真剣にネットビジネスに取り組んでいるのか
という部分を考えてみましょう。

週に1日30分程度しかやらない人と毎日3時間やる人、どちらが成功しやすいと思いますか?
間違いなく後者ですよね。
やり方が分からない人が1日に少ししか時間を費やさないで大成功するというのは、
ネットビジネスに限らず非常に難しいと思います。

これを全て数字に置き換えた時にちょっとしか頑張れない人も
100%のうちに入ってしまっているならば、稼げていない人が95%もいることに僕は納得します。

 

失敗率の中には途中で諦めた人も入っているのではないか

この数字の中には途中で挫折した人も入っているのではないかと思います。
途中で辞めてしまった人をいれているならば、この数字の比率はちょっと分かる気がします。

ネットビジネスって途中で辞めてしまう人が非常に多いんですよね。
それはなかなか結果が出なかったりして大きな成果が出るまで頑張り続けれる人が
少ないからなんです。
あとちょっと頑張ることができたら状況は変わるのに途中で諦めてしまう。

ネットビジネス以外のことでも途中で諦めた人も100%の中に入るとすれば、
なんにも始めることができないくらい今世の中にあるスポーツもビジネスも
全ジャンルで驚異的に成功率が低くなるのではないかと思います。

 

成功率や失敗率は自分が成功することと全く関係なし

結局、成功率や失敗率を考えることに大きな意味はありません
皆やっているジャンルも違いますし、それを全部ひっくるめて成功率や失敗率を出そうと
すること自体がかなりナンセンスです。

しかも全国にたくさんのアフィリエイターがいる中で、僕みたいに1人で黙々とやっていた
タイプの人だってたくさんいるわけです。
もちろんアンケートなんて取られたこともないですし、数字自体も信用性に欠けます。

仮に毎日ネットビジネスをやっている全国のアフィリエイターの収入を計上することができて
確実な数字を出せたとしてそれを知ったら何が変わるのでしょうか?
この数字って自分が成功することとは何の関係もないんです。

実際にアフィリエイターの食事会などにいけば年収数千万円クラスの人もゴロゴロいます。
それがただの5%の集まりとは感じません。
皆、それなりに苦労してここまで来た人達なんだと感じています。
僕は全体の数字の比率よりも、素人が真剣にやったらそこまで稼げるようになるという事実
方が重要だと思います。

 

まとめ

  • 全体の成功率や失敗率と自分が成功するかは全く関係ない
  • 数字にとらわれずにやるべきことをやり続けることで成功できる
  • 必ず誰かは成功しているという事実

全体の成功率や失敗率が気になるのはよくわかります。
少しでも可能性が高い方にいった方がいいと僕も強く思います。
結局のところ、当てにならない成功率や失敗率を考えること自体が時間の無駄だと思います。

自分がやるべきことをやって頑張り続けることさえできればネットビジネスでは必ず収益が
上がりますし、巷で言われている5%には確実に入ることができるということです。