どうも、ケイジです!今回はワードプレスでテーマ編集を直接変更しないでも、プラグインを使ってCSSを追記することで、失敗した時にデザインなどを壊さないで変更可能となるワードプレスプラグインを紹介したいと思います。このプラグインを使うことで、直接テーマ編集から設定することがないためかなり安全な方法と言えると思います。

テーマ編集で変更すると失敗した時に面倒

テーマ編集を直接変更しないで追記できるワードプレスプラグインメイン

ワードプレスでサイト運営している人はデザインなどを変えたい時にテーマ編集からCSSを直接変更することが多いと思います。面倒くさがりな人はバックアップすらとらない人もいるのではないでしょうか?

 

ただ、直接テーマ編集を変更してしまうと、変更後に失敗してデザインやサイトのバランスが崩れてしまった時には、けっこう直すのが大変という経験をしたことがある人は少なくないと思います。

 

これから紹介するSimple Custom CSSというワードプレスプラグイン使った方法では、直接テーマ編集をカスタムするわけではないので原本のバックアップはそのままの状態です。なので原本のバックアップをとったり、失敗して戻したりという作業が必要ないということになります。

 

これで失敗したとしてもデザインが壊れる心配もありませんので、場合によって当プラグインを使っていく方法がおすすめです。使い方は非常に簡単なので、これからSimple Custom CSSの使い方を説明していきたいと思います。

 

 

Simple Custom CSSのインストールと使い方

Simple Custom CSSをインストールし有効化する

テーマ編集を直接変更しないで追記できるワードプレスプラグイン1

Simple Custom CSSをインストールし有効化しましょう。インストール方法や有効化のやり方が分からない方は下記のURLをご参照ください。

WordPressでプラグインを一括でインストールする方法

 

 

Simple Custom CSSの使い方

テーマ編集を直接変更しないで追記できるワードプレスプラグイン2

テーマ編集を直接変更しないで追記できるワードプレスプラグイン3

Simple Custom CSSには特別な設定等はありませんので、早速使い方にうつっていきたいと思います。

 

当プラグインをインストールし有効化した後はダッシュボード→外観の中にカスタムCSSというものが追加されているはずなのでこちらをクリックします。

 

カスタムCSSをクリックすると、上記画像のように入力する画面が出てきますのでこちらに挿入したいコードを入力します。

 

入力後は一番下部にカスタムCSSの更新というボタンがありますのでこちらをクリックします。以上で直接テーマ編集を変更しないでデザイン等のカスタマイズが可能となります。

 

 

まとめ

Simple Custom CSSには特別な設定等もなく、簡単に使うことが魅力の1つです。実際、デザイン等の変更ではテーマ編集から設定することが多いとは思いますが、テーマ編集で変更することでデザインが崩れてしまった際のやり直しは何かと面倒なことも多いと思います。

 

場面によってはこのプラグインはとても便利なものとなりますので使ってみてください。なお、僕のサイトで当プラグインは賢威7テンプレートを使った際のSNSボタン(ソーシャルボタン)のカスタマイズ時に使っています。