どうも、ケイジです!
コンテンツマーケティングを行っていく上で最終的にどこを目指すべきなのか?という点についてお話していきたいと思います。結論的には信頼されることにあるという理由を説明していきます。

信頼や好意がある人と取引したい人が多い

コンテンツマーケティングの最終目標は信頼されることメイン

コンビニでも店員がすごく愛想が良かったり対応が良かったりするだけで、またここのコンビニ使ってあげようって気持ちになったことはありませんか?コンビニは置いている商品もほぼ変わらないはずなのに、こういう気持ちになるのはやはり好意的な気持ちになったかどうかという部分での差でしかありません。

結果的に好きになったからまたそのコンビニに行くこととなるのです。こういう人が何人も何百人もいれば売上には雲泥の差が発生していくこととなります。

好意を抱くときは商品の価値や結果にとらわれなくても対応だけでも十分ありえます。さらに好きになっただけで終わるのではなく、正しい情報やしっかりとした指導をしてくれるといったことでこれからも取引をしていきたいと思うのです。そして信頼関係を構築することができれば一種の成功といっていいでしょう。

 

好かれるための3つのポイント

信頼されることが最終目標ですが、まずは興味を持ってもらったり好かれなければ始まりません。好かれるためにはどんなところに注意していく必要があるのかという部分を説明していきたいと思います。

正直な対応

色々なことに関して率直で正直な意見を出す人である方が好かれます。自分にとってマイナスな部分でも隠さずに正直に話してくれる人のほうが信頼も増すためですね。そして何か不都合なことを隠したりごまかしたりする行為は不信感を抱かせてしまったりするためかなり致命的です。そういった点でも正直さというのは、商売を抜きにして人と人とのコミュニケーションの中でも基本的なことと言えるでしょう。

親しみやすい

ある程度のマナーは大事ですが、あまりにもお客様は神様的な対応はあまりおすすめできません。時には関係ない話をしてお互いがリラックスすることも大事ですし、話しやすい、聞きやすいといった印象をもたれる方が細かいことも相談できるし自分の力になってくれると思ってもらいやすいのです。

説得力がある

やはり、基礎となるのが商品の販売であったりコンサルティングであったりといった商売あっての関係性です。つまり、どんなに人柄が良くても最終的には結果が出ることありきです。仕事のことに関しては説得力がなければなりません。当然、情報は正しいものであり、なおかつ効果的でなければいけませんし相手を納得させられる力が必要となってきます。

 

好かれる=信頼されるということ

人間的、ビジネス的目線としてどちらも最終的には信頼の獲得が全てです。前述しました好かれるといったことがこの信頼関係の構築に結びつきます。

例えばスターバックスカフェなんかはかなり高い金額でのコーヒーを売っていてもあんなに売れている理由はなんだと思いますか?それはスターバックス自体を好きであり、スターバックスのコーヒーのクオリティの高さを誰もが信頼しているからなのです。

コーヒーも美味しくてあのオシャレな雰囲気に対し、人は数百円高かろうが喜んでスターバックスに行きたいと感じるのです。それも全ては信頼あって成せることであり、その信頼を獲得するためには興味を持たれて好かれるところが大きく関係してくるということです。

 

まとめ

好かれることから始まり信頼されていきます。逆にこの人の言っていることは説得力があるといった信頼から始まり、他のサービスや対応も素晴らしいという好意的な印象を抱く場合もあります。

ですが多いのはやはり興味を持たれて好かれてからコミュニケーションを取って信頼を得るという方が一般的だと思います。

コンテンツマーケティングは興味をもたれるところから始まり、好きになってもらい、信頼関係を構築していくということが一連の目標であり、そのためには人間的に好かれる対応や仕事に対する誠実さや正確さで相手を虜にしていく必要があるということです。